遠距離お見合いは厳しかったです

恋愛と言いますか、いまどき珍しいお見合いの話なのですが、自分が29歳、相手の女性が27歳の時の話です。

福岡に住んでいる女性とお見合いをしました。結婚を前提のお付き合いなので、厳密には恋愛とは違うのかもしれませんが、交際中は相手を好きになる必要があるわけで、恋愛と言えなくもないのです。

私は東京在住、相手は福岡在住で会社の夏休みに福岡の友人に会いに行く機会をとらえて、九州の親戚の人がお見合いをセッティングしてくれました。すごくかわいい女の子で一目で好きになりました。相手も私を気に入ってくれたみたいで、交際OKの返事をいただき、お付き合いがスタートしました。

とはいえ、東京―福岡という遠距離なため、頻繁に会うことはできません。何度かお互いに機会をとらえて訪問し合いデートをしたのですが、時間的に急接近というわけにもいかず時間だけが過ぎていきます。

私の気持ちは変わりませんでしたが。お見合いということもあり、どの段階でどこまでのことが許されるのかもわからず、言い方を変えれば非常にプラトニックなお付き合いを続けることになります。

キスくらいしてもよかったのかもしれませんが、お見合いの仲人の手前、うかつなことができず、相手も次第に熱が冷めて行ったようです。

事の顛末ですが、実は相手が私に満足できなかったようで、元カレとのよりを戻してしまい、それが仲人に発覚して強制終了となりました。失恋と言えばそれまでですが、やりきれない思いが残りました。もっと、私が彼女に対して好きだという気持ちを示していれば結末は変わっていたのかもしれませんが、「遠距離」「お見合い」という2つのハードルのため、恋愛ステージの進行が難しかったのです。

遠距離恋愛は難しい

半年ほど遠距離恋愛でお付き合いしていましたが、とうとう彼に嫌気がさされ振られてしまいました。

最初は毎日電話で話していたのですが4ヶ月を過ぎた頃から、その毎日の日課であった電話が1日置き、2日置きと減っていき私が彼氏の浮気を疑ってばかりの日々になりました。電話で話しても疑っている状態で話すので毎回ケンカばかり、そんな状態を彼はもう限界だったようです。

私も疑いたくはないのですが遠くに離れていて実際何をやっているのかなどわかるはずもなく毎日の電話が無くなっただけで不安になってしまい実際は何の証拠もないのですが、ただただ疑う事ばかりしていました。

彼は仕事で疲れていて帰ってきて、ご飯を食べお風呂に入って、ほぼ何もせずに寝るまで会話を毎日続けていたので少し疲れがきているだけのようでした。

しかし、気づいた時にはもう遅く彼の気持ちが自分にはまったく無くなってからでした。

遠距離恋愛でも週末などに行ったり来たり出来る距離ならまだ続くのかもしれませんが、とても離れた所だと行く事も来る事も出来ずなかなか続けるのは難しいような気がします。自分がもっと彼の事を信じていれば良いのですが人一倍ヤキモチ焼きで束縛もしてしまうので、自分の性格上遠距離恋愛は無理なんだと思います。

彼氏の立場になり、もっと彼氏の事を考えてあげれば良かったと思います。

自分の事しか考えず1度疑い出したら止まらない、これでは彼氏に捨てられても仕方が無いと、とても反省しました。

失恋してからは半年ほど彼氏の事が忘れられずショックから立ち直るのが大変でしたが自分自身の我がままが理由で捨てられたので彼を恨む事もなく、これからの恋愛では同じような事を繰り返さないようにと思いました。